製品詳細
安全性と経済性を追求した 斜面設置型の雪崩予防柵
アンカー式鋼製雪崩予防柵工法
SPARCフェンス®Sタイプ
SPARCフェンスSタイプを雪斜面に設置したイメージ
工法概要
SPARC(スパーク)フェンスSタイプは、雪崩の発生区に設置して雪崩を未然に防ぐ予防柵です。フェンスの山側とサイドに設置した基礎構造のアンカーが、フレキシブルに荷重の作用方向に追随しながら上部構造を係留して、支柱基部のアンカーが支柱の変位を抑制します。
構造
支柱、金網、ワイヤネット、ワイヤロープで構成されています。基礎はアンカー構造であり、山側・サイドにはワイヤアンカーを、支柱基部には鉄筋を用います。斜面雪圧をパネル式のワイヤネット、金網、支柱で受け止めて雪崩の発生を防ぎます。
正面図 断面図と平面配置図
製品の特長
1
積雪のすり抜け、抜け落ちがない
積雪のすり抜け、抜け落ちがない
支柱間に金網とワイヤネットを張設した連続構造なため、従来の雪崩予防柵に見られたバーの隙間からの雪のすり抜けや、柵と柵の間からの雪の抜け落ちがありません。対策範囲の雪圧を受け止めて確実に雪崩を予防します。
2
最小限の用地で施工が可能
最小限の用地で施工が可能
アンカー打設位置が従来工法に比べて柵に近いため、施工範囲を最小限に抑えられます。
3
支柱の転倒、浮き上がりを防止
係留するワイヤロープが従来工法よりも短く、ワイヤロープに作用する沈降力が小さいため、支柱の転倒や浮き上がりの心配がありません。
従来型 SPARCフェンスSタイプ
4
周囲の景観になじむ
透過性に優れたネット部材により、周囲の景観に違和感なく調和します。
周囲の景観になじむ