落石防護・雪崩予防・堆積土砂対策兼用柵
SPARCフェンス
SPARC FENCE
国土交通省NETIS登録番号:HR-130008-A

SPARC フェンスは、主に斜面上で落石を捕捉する落石防護柵で、200kJの落石に対応が可能です。支柱、ワイヤロープ、ワイヤネット、金網、アンカー基礎で構成されており、構造物全体で落石の衝撃を受け止めます。緩衝金具を用いない構造となっているため、繰り返し発生する落石に対して初期の性能を保持し、変形量を最小限にとどめます。対応落石エネルギーおよび変形量は、実物の供試体を用いた衝撃実験によって確認をしました。複数回の実験後も残存柵高を70%保持し続けました。

積雪を考慮した設計を行っているため、雪崩予防柵と落石防護柵の兼用柵として使用するができます。積雪地帯の落石対策や、落石の恐れがある箇所での雪崩対策などに用いることができます。
また、堆積土圧にも対応した構造であるため、切土斜面工事などで斜面中腹の落石・土砂堆積用の仮設防護柵としても使用が可能です。


1
落石捕捉時の変形量が小さく、保護対象物の比較的近くに設置が可能
実物衝撃載荷実験を繰り返し、落石捕捉時のネットの最大変形量が2.8m以下であることが確認されました。実験の結果から、SPARC フェンスと保護対象物との離れは3m以上と定めています。
落石捕捉時のネット変形量
1
繰り返し落石が発生する現場に設置が可能
連続で行った複数回の衝撃載荷重実験の後も残存柵高を70%以上保持することができました。つまり、繰り返し落石が発生する現場でも使用することが可能であり、メンテナンスの頻度が比較的少なくてよい工法であるといえます。
1
落石防護・雪崩予防に兼用可能な工法
落石防護柵としては落石エネルギー200kJまで、雪崩予防柵としては設計積雪深3.0mまで、それぞれ対応することができます。また、堆積土圧にも対応した構造であるため、「積雪地域での落石対策」「落石の恐れのある現場での雪崩予防対策」「切土斜面工事の現場での落石・堆積土砂用の仮設防護対策」など、様々な用途に幅広く使用できます。
アンカー削孔
支柱基部のアンカー位置では、削岩機を用いて削孔を行います。 山側、端部アンカー位置では、軽量小型削孔機を用いて削孔を行います。
アンカー材挿入
山側、端部アンカー位置では、削孔完了後、ワイヤアンカーを孔内に挿入します。
グラウト注入
アンカー全体にグラウトを注入し、オーバーフローを確認します。
アンカー確認試験
施工したアンカーが、設計を満足しているのかを確認します。
支柱架設
ベースプレートを設置し、支柱を架設します。
ワイヤロープ・ネット設置
ワイヤロープ・ネットを所定の位置に取り付けます。
金網設置
金網をネット山側面に取り付けます。
完成
このページの先頭へ