蓮根型中空構造鋼管式鉛直型雪崩防護柵工法
スロープガードフェンスタイプLS
SLOPE GUARD FENCE / TYPE LS
国土交通省NETIS登録番号:HR-100008-A

雪崩防護柵「スロープガードフェンス タイプLS」は、雪崩防護、雪崩予防、せり出し防止などあらゆる雪崩対策事業で適用することができる万能の雪崩対策工法です。
支柱間に取り付けられたワイヤロープと金網のネット構造であり、支持面はネットおよび支柱となっています。支柱を鉛直に建て込むため、雪尻ができにくく従来工法に比べて雪崩発生の危険がありません。支柱部材には、全方向に対して高い強度を有する「LST鋼管(蓮根型中空構造鋼管)」を採用しています。LST鋼管は、内部に小口径鋼管を配置しているため、鋼材の断面積が大きく、同耐力の従来のコンクリート充填鋼管に比べて鋼管径が小さくなります。また、内部の小口径鋼管が中空構造なので、軽量で施工性が優れています。

LST鋼管断面図
支柱部材(LST鋼管)は、鋼管内部に小口径鋼管を束ねて設置して、モルタルを充填した特殊支柱部材です。
実物実証実験によって、部材が大きく変形しても耐力を概ね保持できることが確認され、衝撃を受ける構造に必要な靭性を非常に高いことが証明されています。

LST鋼管の曲げ耐力確認試験の様子と結果
内部の小口径鋼管の変形効果により外側鋼管の応力集中を防止するため、最大変形40度を越えても支柱は破断せず、耐力を保持したまま変形を続けました。長時間の継続的な荷重にも対応することが可能な耐荷材と言えます。

1
軟弱な地盤でも地盤改良が必要ない上部・基礎一体型の構造
スロープガードフェンスタイプLSは、支柱本体が杭構造であるため基礎構造と併用することができます。
軟弱な地盤条件の現場に設置する際に、地盤改良や杭基礎の検討をする必要がなく、施工期間やコストの縮減が可能になります。
1
雪崩衝撃力を考慮することが可能です
土砂衝撃力と堆積土圧を考慮して設計された土砂崩壊防護柵を雪崩対策工法として応用した雪崩防護柵であり、雪崩予防・せり出し防止の用途の他にも、道路際などで雪崩を受止める(雪崩衝撃力が作用する)防護柵として使用することができる万能の雪崩対策工法です。

削孔工(ダウンホールハンマー)

鋼管支柱建て込み

上弦材設置

外周モルタル注入

各ワイヤーロープ設置

ネット設置

DTネット設置

完成
直近の3件を掲載しています。

施工時期 2016年9月
平成28年度 県単道路防災工事
施工時期 2015年9月
大岡244号線道路防災工事
このページの先頭へ